ハト駆除の効果的な方法とは

ハト駆除の効果的な方法とは

ハト駆除の効果的な方法とは ハト駆除にはより効果的な方法が求められます。ハトが無闇に集まる環境は、景観を損ない、糞や羽による汚染も深刻です。
さらには病原菌を保有していることも多く、人に移る感染症へと発展してしまうケースもあるのです。それだけに、しっかりと対策を講じることが重要です。
ただし、ハト駆除を一般人が勝手に行うことは許されません。なぜなら、ハトはすべて鳥獣保護法の適用範囲内だからです。このため、毒の餌を撒いたり、直接攻撃することは犯罪認定され、罰則が科せられる事態にもなりかねません。
そのため、対策は可能な限り触れないように、消極的なものにならざるを得ません。
たとえば、使わなくなったCDを吊り下げたり、針山のようなものをベランダに設置することなどが、多く採用されています。しかしこれらも強風で飛ばされるなどすれば、予想外のトラブルを招く恐れがあります。
もっとも効果的なハト駆除は、専門の業者に依頼することです。必要があればきちんと届け出を出して駆除してくれますから、法律に触れる心配はありません。そして立地に応じた対処を行い、再び近寄らせない方策も立ててくれます。
また、業者を選ぶ際には、きちんとアフターフォローをしてくれるところを選ぶことが大切です。多くの問題を孕んだハト駆除も、専門家の手にかかれば、簡単に実施できるのです。

ハト駆除にかかる期間

ハト駆除にかかる期間 ハト駆除は時間がかかる傾向にあります。ハトは執着心が強く、棲もうと決めた場所、すでに棲みついた場所には追い払っても追い払っても戻ってこようとするからです。
ハト駆除には長期間かかる覚悟をして望みましょう。
巣を作って棲みつくと簡単にあきらめませんので、ハトの姿を見かけるようになった段階で対策を取ることが大事です。ハトは目的の場所に行くまでに、いったん手前でとまって様子を窺う習性があります。
ベランダによくとまっているなら、それは棲むのに適した場所かどうかを見定めているか、すでに巣作りの材料を運んでいる段階と考えられます。
もしベランダのどこかに小枝が複数落ちていたら、巣作りのために運び込んだ材料の可能性があります。一目のつかないところに巣を作りますので、エアコンの室外機の裏や植木鉢の裏など、確認しましょう。
ハトは鳥獣保護法で保護されていて、勝手に巣や卵を撤去できません。営巣される前に撃退しないといけません。
ベランダには極力物を置かず、植木鉢など撤去できるものは撤去し、室外機など移動できないものは裏まで確認してこまめに掃除しましょう。小枝などが持ち込まれていたらすぐに捨てましょう。ハトはしきりに人の気配がするベランダには巣を作りません。
ハトの嫌がる蛇やカラスの偽物を置いておいたり、市販の忌避剤の使用もおすすめ。また防鳥ネットをはって完全に入れないようにしましょう。ネットの隙間から無理に入り込もうとしますので、隙間のないように張り、対策グッズを併用するといいでしょう。

ハトの駆除に関する情報リンク

深刻なハトの被害に対応する駆除業者のサイト

豊橋市でハトの駆除を頼むなら